Beauty Trance

十年経っても色あせない、美しいトランスミュージックをレビューするブログです。 トランスを中心に、ダンス・クラブミュージックをピックアップします。

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

1999年にリリースされたトランス




1999年は、全世界にトランスが広がった革命的な年です。

といっても、ダンス・クラブ系ミュージックを聴かない人には
そんなものがあったのかと思うかもしれませんね。


このトランスミュージックを世に広めたアーティストを
今回紹介したいと思います。

トランスはドイツが発祥ですが、
トランスを世界的にヒットさせた仕掛け人は、
ドイツ人ではなく、実はオランダ出身のアーティストです。


本名はFerry Corsten(フェリー・コーステン)、
1973年生まれのロッテルダム出身で、
数多くのアーティスト名義を持っています。

99年に大ヒットさせたのが、
System F名義でリリースした、「Out Of The Blue」という曲です。


彼の信条として、「トランスはメロディだ」と言うほど、
曲作りにおいてメロディを大事にしています。

この曲を聴いても、歌詞こそ入ってませんが、
宇宙を感じさせるような、叙情的なメロディラインが特徴です。


99年以降のトランスは、
この曲のように、メロディラインは基本的にシンセサイザーで、
ベースの低音とドラムキックの重低音を強くし、
グルーヴ感(ノリ)をより上げています。

こういうスタイルのトランスをエピック・トランスと呼んだり、
オランダ発のトランスと言うことで、
ダッチ・トランスと呼ばれたり、
ドイツもオランダもまとめて、
ユーロ・トランスと呼ばれたりもします。

日本では、エイベックスがサイバー・トランスと名付けましたが、
エイベックス・ファン以外は誰もそう呼ぶことはありませんね(笑)


System F名義では3枚アルバムを出しており、
1st album「Out Of The Blue」には、
ジャケットの宇宙をイメージさせるような、
高揚感をもたらすトランスミュージックが満載です。

大ヒットを記録した「Out Of The Blue」はもちろん、
シングルカットもされた、哀愁感漂う「Cry」や、
マーク・アーモンドをフィーチャーした「Soul On Soul」、
世界トップDJ、アーミンとの共作「Exhale」など、
79分間ボリュームたっぷりのトランスの世界を堪能できます。


フェリー・コーステンは2013年現在もアーティストとして作品を出し、
かつDJとしても活動しており、
DJの世界ランキングにおいても、
毎年トップ10に入るほど、影響力のあるアーティストです。

そんな彼ですが、意外に親日家で、
Ferry Corsten名義で「Kyoto」という
日本の情景をイメージした楽曲を作っていたり、
浜崎あゆみとコラボレーションをして楽曲を提供していたり、
彼女の曲をリミックスしたり、
何度も日本でDJライブをしに来ています。


そんな彼の記念碑的作品となる、
「Out Of The Blue」を是非聴いてください!

System F - Out Of The Blue


System F - Cry


System F - Soul On Soul


System F - Exhale


System F - Out Of The Blue
スポンサーサイト
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

アクセスランキング ▼

カウンター ▼

ランキング ▼

最新コメント ▼

プロフィール ▼

ブロとも申請フォーム ▼

メールフォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。