Beauty Trance

十年経っても色あせない、美しいトランスミュージックをレビューするブログです。 トランスを中心に、ダンス・クラブミュージックをピックアップします。

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

1998年にリリースされたトランス




1998年はトランス不毛の年です(笑)


実際にはあるのですが、
僕好みのメロディアスな楽曲は非常に少ないです。

というのも、この年は、トランスに限らず、
ハウスもハードなものが流行っていたからです。

ジャンルもそのまま、ハード・ハウスと言いますが、
これまでのピアノ路線から一転して、
より重低音を効かせ、同じフレーズをループさせる、
まさに踊るための音楽といった感じです。


ハード系の音楽はあまり好きではないので、
このブログではあまり紹介しませんが、
1998年にリリースされたトランスで、
とても叙情的な曲があるので、是非紹介したいと思います。


今回紹介するアーティストは、Trevor Reilly(トレバー・ライリー)で、
アーティストというよりDJとして主に活動しています。


リリースした楽曲は、「Down With The Underground」一曲のみ。

ただ、この曲を聴くと、トランスの概念が覆るかもしれません。

というのも、今まで紹介したトランスは、
いずれもピアノを前面に出した曲ばかりでしたが、
この曲は、バイオリンをフィーチャーしているところが斬新です。


オリジナルも素晴らしい出来ですが、
オリジナルをさらに上回るのが、
Groovediggazによるリミックスが秀逸の出来です。

オリジナルのバイオリンの音を残しつつ、
これにピアノの音を絡め、
極上のハーモニーを醸し出しています。

音量を上げて聴くと、天に昇っていけそうな、
最高に幸せな気分に浸れます(笑)


ただ、この曲は、シングルのみでしか販売されておらず、
国内では入手不可です。

国内のCDだと、DJミックスされたアルバムにしか収録されていない、
超レアな曲です。

どうしてもシングルで欲しい人は、
海外のアマゾンで買うことをお勧めします。


1998年は、オランダから巻き起こる
トランスムーヴメントを引き起こす元となる
楽曲が何曲かリリースされ、
2013年現在も、世界のトップを走り続ける
DJ達が頭角を現してきた時期です。

彼らの楽曲やアーティスト達も別の機会に紹介したいと思います。


Trevor Reilly - Down With The Underground ( Original Mix )


Trevor Reilly - Down With The Underground ( Groovediggaz Mix )


CLUB LOVELY2
スポンサーサイト
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

アクセスランキング ▼

カウンター ▼

ランキング ▼

最新コメント ▼

プロフィール ▼

ブロとも申請フォーム ▼

メールフォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。