Beauty Trance

十年経っても色あせない、美しいトランスミュージックをレビューするブログです。 トランスを中心に、ダンス・クラブミュージックをピックアップします。

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

2001年にリリースされたトランス




2001年もトランスブームが引き続き、
メロディアスで良質なトランスが数多く作られました。


今回紹介したいアーティストは、Dario G(ダリオ・G)です。

ダリオ・Gの名前の由来は、
イングランドのチェシャー州のフットボールチームの監督、
Dario Gradiから採ったようです。


ダリオ・Gはチェシャー州出身の3人組のユニットです。

最終的には、
Paul Geoffrey Spencer(ポール・ジェフリー・スペンサー)の
ソロ・プロジェクトとなりました。


現在(2013年)までに、2枚のアルバムを出し、
2009年以降シングルのリリースはストップしています。


ダリオ・Gのデビューは、1997年にリリースした「Sunchyme」で、
ドリーム・ハウス風のポップなダンスミュージックが大ヒット。

続けて、2nd single「Carnaval De Paris」も大ヒットし、
スポーツ・イベントでは欠かせない曲となりました。

サッカーをテレビで見ている人にはお馴染みの曲ですね。


今回紹介したいのは、2001年にリリースされた
2nd album「In Full Colour」です。

こちらは1st albumのようなポップさを含みつつも、
メロディアスなトランスミュージックが数多く収録されています。

お勧めは、ボーカルが入った「Don't You Cry」、
それから、シングルでもリリースされた「Dream To Me」です。


アルバムには収録されていませんが、
シングルの「Dream To Me ( Airscape Remix ) 」は、
オリジナルをさらにキラキラにした、
極上のトランスに仕上げているので超お勧めです。

Airscapeは、この他にも、
かなり良いリミックスをしている作品が数多くあるので、
別の記事で個別に取り上げようと思います。


Dario G - Sunchyme


Dario G - Carnaval De Paris


Dario G - Don't You Cry

Verse 1:
It's too late to turn around
You think you're safe but you won't hear a sound
Until you're run aground
Nothing left for you to fear
The words of warning that you couldn't hear
As the siren draws you near

Chorus:
All we share will still remain
Don't cry
(Don't say goodbye)
A promise always stays the same
So don't say goodbye
(Don't say goodbye)
Don't you cry, don't you cry, cry

Verse 2:
Every breath could be the last
A soul survivor calling from the past
Their hopes are fading fast
Nothing left, but empty space
A field of memories you can't erase
Another time and place

Chorus:
All we share will still remain
Don't cry
(Don't say goodbye)
A promise always stays the same
So don't say goodbye
(Don't say goodbye)
Don't you cry, don't you cry, cry
Don't you cry, don't you cry, cry

Dario G - Dream To Me ( Airscape Remix )


Dario G - In Full Colour
スポンサーサイト
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

2000年にリリースされたトランス




2000年は、1999年のトランスブームを引き継ぎ、
ダッチ・トランス並びにユーロ・トランス全盛期の時代でした。

紹介したいオランダのアーティスト・DJはたくさんいますが、
今回は、この年に大ヒットを記録した
トランスミュージックを紹介したいと思います。


そのトランスミュージックを作ったのはオランダ人ではなく、
フィンランドのアーティスト、Darude(ダルード)です。

本名はToni-Ville Henrik Virtanen(トニ・ヴィル・ヘンリク・ヴィルタネン)、
1975年生まれの、フィンランドのトゥルク出身のアーティストです。


Darudeという名前は、
彼が友人宅で「Rude Boy」という曲を何度も演奏したところから、
「The Rude」と呼ばれ、それが「Darude」になったようです。

現在までに4枚のアルバムをリリースしていますが、
2008年以降アーティストとしての活動は止まっており、
専らDJとして活動しています。


彼のデビューは1999年、
当時フィンランドならず世界中で人気だった
ハウス・プロデューサーのJS16に
「Sandstorm」という曲をデモテープで送ったのがきっかけで、
その曲がアナログでリリースされることになりました。

その後、瞬く間にフィンランドのダンスチャートで1位を取り、
2000年には世界各国のクラブでプレイされるようになりました。


この曲は、格闘技やプロ野球の有名な選手が
入場曲で使ったこともあり、
ダンス・クラブ系ミュージックを普段聴かない人でも
耳にしたことがあるかもしれません。


特徴的なのは、曲の途中でビートが一旦途切れ、
ブレイク(休憩)の合間にドラムロールが入り、
飽きさせない展開を作っています。

同じフレーズを使ってグルーヴ感を上げ、
ややハードなトランスとなっていますが、
ハード・トランスが苦手な人でも聴きやすいと思います。


それでは、彼の1st album「Before The Storm」を紹介したいと思います。

彼の代表曲「Sandstorm」はもちろん、
シングルカットされた「Feel The Beat」、「Out Of Control」など、
Sandstorm路線のハードなトラックや、
「Burning」のような、ピアノのフレーズがきれいな
ダッチ系トランスも収録されています。

このアルバムの中では、ボーナス・トラックとして収録されている、
「Out Of Control ( Spectro Remix)」のグルーヴ感が強烈で、
トランスの高揚感が十分に味わえるので、特にお勧めです。


Darude - Sandstorm


Darude - Feel The Beat


Darude - Burning


Darude - Out Of Control


Darude - Before The Storm
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

1999年にリリースされたトランス




1999年は、全世界にトランスが広がった革命的な年です。

といっても、ダンス・クラブ系ミュージックを聴かない人には
そんなものがあったのかと思うかもしれませんね。


このトランスミュージックを世に広めたアーティストを
今回紹介したいと思います。

トランスはドイツが発祥ですが、
トランスを世界的にヒットさせた仕掛け人は、
ドイツ人ではなく、実はオランダ出身のアーティストです。


本名はFerry Corsten(フェリー・コーステン)、
1973年生まれのロッテルダム出身で、
数多くのアーティスト名義を持っています。

99年に大ヒットさせたのが、
System F名義でリリースした、「Out Of The Blue」という曲です。


彼の信条として、「トランスはメロディだ」と言うほど、
曲作りにおいてメロディを大事にしています。

この曲を聴いても、歌詞こそ入ってませんが、
宇宙を感じさせるような、叙情的なメロディラインが特徴です。


99年以降のトランスは、
この曲のように、メロディラインは基本的にシンセサイザーで、
ベースの低音とドラムキックの重低音を強くし、
グルーヴ感(ノリ)をより上げています。

こういうスタイルのトランスをエピック・トランスと呼んだり、
オランダ発のトランスと言うことで、
ダッチ・トランスと呼ばれたり、
ドイツもオランダもまとめて、
ユーロ・トランスと呼ばれたりもします。

日本では、エイベックスがサイバー・トランスと名付けましたが、
エイベックス・ファン以外は誰もそう呼ぶことはありませんね(笑)


System F名義では3枚アルバムを出しており、
1st album「Out Of The Blue」には、
ジャケットの宇宙をイメージさせるような、
高揚感をもたらすトランスミュージックが満載です。

大ヒットを記録した「Out Of The Blue」はもちろん、
シングルカットもされた、哀愁感漂う「Cry」や、
マーク・アーモンドをフィーチャーした「Soul On Soul」、
世界トップDJ、アーミンとの共作「Exhale」など、
79分間ボリュームたっぷりのトランスの世界を堪能できます。


フェリー・コーステンは2013年現在もアーティストとして作品を出し、
かつDJとしても活動しており、
DJの世界ランキングにおいても、
毎年トップ10に入るほど、影響力のあるアーティストです。

そんな彼ですが、意外に親日家で、
Ferry Corsten名義で「Kyoto」という
日本の情景をイメージした楽曲を作っていたり、
浜崎あゆみとコラボレーションをして楽曲を提供していたり、
彼女の曲をリミックスしたり、
何度も日本でDJライブをしに来ています。


そんな彼の記念碑的作品となる、
「Out Of The Blue」を是非聴いてください!

System F - Out Of The Blue


System F - Cry


System F - Soul On Soul


System F - Exhale


System F - Out Of The Blue
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ クラブ・ダンスへ

Menu

検索フォーム ▼

最新記事 ▼

アクセスランキング ▼

カウンター ▼

ランキング ▼

最新コメント ▼

プロフィール ▼

ブロとも申請フォーム ▼

メールフォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。